アジア大会テニス男子シングルスで金メダルを獲った西岡良仁選手。

彼は私にはいとこの息子に当たる親類なのですが、
さっそく西岡選手の母方の祖父母の家にあたるいとこの実家N家に電話してみたところ、みんな喜んでいました。
良仁選手の祖母である叔母が、「金メダルとはおどろいたー」と言っていました。

「おじいちゃんが一番喜んでいるのよ。」とのこと。良仁選手の祖父に当たる叔父の名前は良元といいます。
良仁選手の名前はおじいさんから取ってつけられたものではないかと思います。

叔父さんと叔母さんはもう80歳前後ですが、元気で長生きして、孫息子の活躍を見ることができて良かったなあ、と思いました。
親族としては、やっぱりうれしいニュースですよね。